5月から6月までの集団接種会場の予約受付は全て終了しました。

   7月の集団接種のスケジュールは、6月号広報でお知らせします。

65歳以上の方への新型コロナウイルスワクチンの接種が本格的に始まります

 

  • 新型コロナワクチンは、5月以降、全員が接種できる量が供給されますのでご安心ください。
  • 春日井市では、かかりつけ医身近な医療機関での接種を中心に、合わせて集団接種を実施します。
  • 接種には、予約が必要です。接種券(クーポン券)をご用意の上、お申込ください。

かかりつけ医や身近な医療機関での接種(個別接種)

             市内110か所以上の医療機関で7月末までに6万人以上の接種を実施します。

ワクチン接種を実施する医療機関

iryoukikan

  •  ワクチン接種を実施する医療機関や実施日時、予約方法などを記載した「医療機関一覧」を5月中旬から郵送します。
  •  医療機関の混乱を避けるため、年齢の高い方から順に発送します。

予約方法

 「医療機関一覧」に記載の方法により、かかりつけ医などにご予約ください。

開始時期

 令和3年5月24日(予定)

お控えください

公共施設での接種(集団接種)

  •  かかりつけ医のない方など向けに公共施設での集団接種を行います。
  • 5~6月の集団接種は次の会場で実施します。

 

平日の接種会場

会 場

所在地

総合保健医療センター春日井市鷹来町1-1-1
保健センター春日井市中央台1-1-7

日曜日の接種会場

会 場

所在地

総合保健医療センター春日井市鷹来町1-1-1
保健センター春日井市中央台1-1-7
西部ふれあいセンター春日井市宮町3-8-2
味美ふれあいセンター春日井市西本町1-15-1
南部ふれあいセンター春日井市下条町666-6

スケジュール

集団接種スケジュール

新型コロナワクチンは3週間の間隔で2回接種が必要です。

上記スケジュールに掲載の日の3週間後に同一会場で接種を実施する予定です。

annai1

原則として、1回目の接種の3週間後に同一会場で同一時間に2回目の接種をします。

予約は、1回目の接種について行います。2回目の接種の予約は、1回目の接種のときに会場で行います。

annai2

集団接種の申込方法

6月30日までに実施する次の会場での集団接種の受付は、定員に達したため終了しました。

総合保健医療センター、保健センター、西部ふれあいセンター、味美ふれあいセンター、南部ふれあいセンター

インターネットでの申し込み(24時間対応)

 名古屋徳洲会総合病院と白山リハビリテーション病院の予約申込については、準備ができ次第、開始します。

コールセンターでの申し込み

コールセンターに電話し、オペレーターに

  • 氏名
  • 生年月日
  • 接種券(クーポン券)記載の番号
  • 電話番号
  • 申込希望日と会場

をお伝えください。

 新型コロナワクチン接種コールセンター

  電話番号  0120-567-350

  ※必ず「0120」をつけておかけください。

  ※間違い電話が多発しています。番号をよく確かめておかけください。

 

新型コロナウイルスワクチンの接種について

接種が受けられる時期

 国の接種スケジュールに基づき、次の接種順位により段階的に接種を進める予定です。対象となる方は次のとおりです。

  1. 医療従事者等
  2. 高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  3. 高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
  4. 1~3以外の方

64歳以下の人へのワクチン接種のお知らせは、7月上旬にご案内しますので、しばらくお待ちください。

接種回数

 2回接種
 18日~21日(3週間程度)の間隔をあけて、2回接種します。

接種費用

 無料

接種を受ける際の同意

 ワクチンの接種は、強制ではありません。しっかり情報提供を行った上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
 予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 一般的に、ワクチンの接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

電話相談窓口

 新型コロナウイルスワクチン接種に関する質問や相談に対応するコールセンターを開設しました。
 接種の予約は、まだ開始しておりません。

 詳細は下のリンクからご覧いただけます。