地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、春日井の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

春日井の地域情報サイト「まいぷれ」春日井市

成人の日のルーツは?【まいぷれ春日井市】

まいぷれ春日井市編集室

成人の日、振袖姿の女性がキレイですよね~♪「成人の日のルーツは?【まいぷれ春日井市】」

成人の日、振袖姿の女性がキレイですよね~♪

こんにちは
まいぷれ春日井市編集室です

もうすぐ成人の日ですね。
何年も前から準備をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか
男の子はスーツ、女の子は振袖が主流のようです。
改めて、成人の日のことや1月15日だった理由などを調べてみました。

【成人の日とは】
1948年に国民の祝日として1月15日に制定。2000年から1月の第2月曜日に変更。

【18歳から成人っていつ?】
2022年4月1日から18歳が成人とする。

【なぜ成人の日は1月15日だったのか?】
旧暦では15日がちょうど満月だったそう。また、旧暦の1月15日は「小正月」にあたります。
その年の初めての満月を祝う小正月に男子の成人をお祝いしたのが始まりだそう。
「元服(げんぷく)」が江戸時代以前、1月15日だったことに由来するそう。
貴族女子は「裳着(もぎ)」という成人の儀式があったようです。

【元服とは】
奈良時代頃から始まる公家や武家の男子の成人の儀式。成年の象徴としての髪形(前髪をそる)、服装を改め、冠をつけます。元服すると一人前と認められるそう。

【裳着とは】
平安時代頃から始まる貴族女子の成人の儀式。吉日を選んで、結婚前の女子に初めて腰から下に衣服を着けたそう。その際、髪上げ(結髪)もされた。これ以降、結婚できると認められる意味もあったとのこと。

【振袖のルーツ】
かつて振袖は、子どもが男女問わず着ていたそう。
江戸時代後期に、振袖は子どもと女性が着ると定着。

【なぜ成人式に振袖を着るの?】
振袖は未婚女性が着る最も格式が高い第一礼装。「振」という動作は魔を払う意味もあるそう。
袖の長い「振袖」を着て袖を振ることで、病気や厄などの魔を払った良い人生を過ごしてほしいという願いも込められています。

今回、調べてみて18歳成人がまだ施行前だったことを初めて知りました
2021年に実施された衆議院選挙が18歳~投票できるとのことだったので、すでに施行されていると思っていました
ちなみに成人式は日本特有のイベントで、外国では成人式のようなセレモニーは行われていないそう。
女の子は日本伝統の振袖を着たり髪形を変えたりと準備が大変ですが、成人式は生涯一度なので、体験させてあげたいですね

参考:日本大百科全書(ニッポニカ)

#まいぷれ #成人式 #成人 #振袖 #なぜ #スーツ #裳着 #おすすめ #情報 #元服 #豆知識 #小正月 #セレモニー #日本伝統 #春日井

基本情報

名称まいぷれ春日井市編集室
フリガナマイプレカスガイシヘンシュウシツ
住所486-0932 春日井市松河戸町3-12-6
アクセスJR勝川駅南口より徒歩15分
電話番号0568-87-3344
メールアドレスinfo@kasugai.mypl.net
営業時間
日曜日
定休日
月曜日
09:00~17:30
火曜日
09:00~17:30
水曜日
09:00~17:30
木曜日
09:00~17:30
金曜日
09:00~17:30
土曜日
定休日

土日・祝日は営業しておりません。

駐車場あり
2台
開業日2017年08月01日
ホームページhttps://kasugai.mypl.net/
Facebookアカウントhttps://www.facebook.com/mypl.kasugai/
Twitterアカウントhttps://twitter.com/mypl_kasugai/
Instagramアカウントhttps://www.instagram.com/mypl_kasugai/
LINEアカウントhttps://lin.ee/OpuZWlV
関連ページ運営会社 株式会社ユースエンジニアリング
問い合わせページ外部サイトに繋がります
関連するお店・施設株式会社ユースエンジニアリング
春日井あれこれ

カレンダー掲載内容

タイトル成人の日のルーツは?【まいぷれ春日井市】
日付2022年1月8日
ラベルお知らせ
まいぷれ春日井市編集室 カレンダー

口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?あなたの体験や感想を投稿してみましょう。